フェイスリフトでたるみ解消

エイジングサインの悩み

髪質が変わってゴワつきやうねりやパサつきが生じたり代謝が落ちて太りやすくなりスタイルが崩れたりホルモンバランスが乱れてメンタル不調がつきまとったりなど、年齢を重ねると健康面と美容面の不安や悩みが増幅していく一方ですが、私がいちばん気にしているのはお肌の衰えです。
お肌の衰えが顕著になり始めたのは30代前半からで、本格的に悩み始めたのは30代後半からです。
私の顔にあらわれはじめたエイジングサインは、紫外線でダメージが蓄積されることで生じる老人性色素斑やホルモンバランスが影響する肝斑やニキビ跡などのシミ、乾燥によるカサつきで生じるキメの乱れや顔全体のくすみやTゾーンのベタつきや大人ニキビ、目尻や目頭の細かいちりめんじわや口角のマリオネットラインや眉間・額の表情じわ、ブルドッグフェイスやほうれい線や毛穴の開きにつながるたるみなどがあります。
シミはカバー力に優れたコンシーラーで隠せば何とかなりますし、くすみはトーンアップクリームやパール配合のリキッドファンデーションなどで目立たなくさせて誤魔化せます。
乾燥が原因の皮膚トラブルは、濃密なクリームや保湿力抜群のバームや潤いを閉じ込めるワセリンを使ったり、ハンディミストで頻繁に水分チャージをしたりすることで乗り切ることが出来ます。
しかし、たるみとしわだけは対処が難しくてメイクで隠したり誤魔化したりすることも出来ず悩みの種です。
同年代の女性同士で喋っているときに必ず話題になるのがアンチエイジングのことで、私がエイジングサインの悩みを相談したら友達が美容クリニックのフェイスリフトをすすめてきました。

もし鼻翼基部に入れたブツを今抜いても
フェイスリフトでたるみも
引き上げてるし、メーラー吸ってるから
法令線がまた出来ないことを願う。


童顔と言われるようになったのは
鼻翼基部アパタイトが大きかった。

だから抜いて微妙だったら来年あたりにまた入れる。

先生による違い結構あるだろうな。

— 麻酔 (@technical8error) September 10, 2021

エイジングサインの悩み / フェイシャルメニュー / また機会があれば受けたい